1959年
シュバンク式ガス赤外線バーナの工業用途開発を主体として発足(昭和34年2月)
あられ・おかき焙煎機開発・竹輪・かまぼこ焼機開発及び塗装焼付炉開発

1960年
L.P.G ベンチュリーレギュレータ開発 赤外線式業務用魚焼器開発

1961年
ガス赤外線、バーナ工業用乾燥に於ける自動点火装置<実案>

1962年
ビーネストバーナトップの開発及び単炎孔バーナトップの開発

1963年
ガス点火器開発(工業用パイロット式) ガス赤外線回転式自動ブロイラー開発

1964年
コントロールバタ弁開発 ガス赤外線による自動焼肉機開発<実案>

1965年
ブラスト式ミニフレームバーナ開発 丸型赤外線バーナ開発(ストーブ用)

1967年
ベンチュリーミキサー開発<実案>

1968年
帯状紙(布)等の熱風噴射ノズルの開発<実案>
オフセット輪転機用コンビネーションドライヤー開発

1969年
浸管バーナ(イマージョン)開発 直火式熱風発生機開発
バンドオーブン用バーナシステム開発 シュバンク式赤外線バーナのブラスト燃焼装置開発

1970年
シートフレームバーナ開発 ダクトバーナ開発(角型、丸型)
アルミチューブ自動印刷乾燥プラント開発 ペンミックスバーナ開発
アルミチューブ焼鈍炉開発

1971年
ロータリーバーナ開発<実案> 工場暖房用温風カーテン装置開発
高速熱風バーナ開発

1972年
大阪ガスタイプ直燃式脱臭装置 SB 型ファンバーナ(ガンタイプ)開発
逆流防止弁開発 ガス調整式比例弁開発<実案>

1973年
各種バーナ並びに部品のユニバーサル化に入る 圧損なしスレーナー及び元コック開発
脱臭式熱風発生機(クリーンヒータ)開発規格化 ガス転換用パージセット(コアンダー型)開発

1974年
比例式バタフライ弁開発 クリーンヒーティングシステム(脱臭、排熱利用)開発
活性炭吸脱着装置の開発 連続フライヤー用バーナシステム開発

1975年
触媒酸化式脱臭装置開発 触媒酸化式脱臭装置及び排熱利用システム開発

1976年
小容量廃液焼却装置開発 ユニバーサル燃焼用毛焼バーナ開発

1977年
触媒酸化式脱臭熱風発生機開発 ユニットラインバーナ開発
ガス転換用回転燃焼式パージ機開発

1978年
ガス熱風連続式ガラス瓶レアー炉開発 旋回流近接加熱バーナ(口焼き)開発

1979年
小型熱風発生機 MH シリーズ開発 茹麺釜専用バーナ開発
農業用ビニールハウス用ガス熱風発生機開発 省エネ型液槽加熱システム開発

1980年
煙道型熱交換機規格化 ベスタバーナ、ブラスト型開発
農業用加温機(コークス用)開発 熱風式フライヤー規格化<特許>
高温熱風発生機開発 フライヤー用オイルヒータ(流動層式)開発
コーンミックスバーナ( CMB )開発

1981年
省エネルギー型、 AL 溶解兼保持炉( LEO 型)開発
大型赤外線バーナ( IF バーナ)開発<実案>
連続式鋼管軟化炉開発 ホーロー焼成用 RT (ラジアントチューブバーナ)開発

1982年
遠赤外線パネルヒータ( FIH )開発<実案>大型赤外線バーナ( BS バーナ)開発
遠赤シングルエンドヒータ開発 投げ込み式(マルチイマージョン)ヒータ開発
インバータ制御式熱風発生システム開発

1983年
PCM 粉体塗装焼付炉開発<実案> BS 式フライヤーシステム開発
セラミックスファイバー式カップ型バーナ開発<実案>

1984年
トンネルオーブン用ラインバーナ開発 大型脱臭用バーナ開発
遠赤外線発生パネル (EHW) を開発<実案>

1985年
遠赤外線式ブラウン管加熱炉開発<実案> ガス浸漬セラミックヒータ開発
低コストルツボ炉(アルメット)開発 連続式アルミ溶解保持炉(アルファイター)開発

1986年
パッケージ型滅菌ガス処理装置開発 規格型高温用熱風発生機開発
表皮成形金型加熱炉開発<実案>
エンジンマニホールドテスト装置開発(日立共同開発)米国 PAT 出願

1987年
ラジアントチューブバーナ( RTE )開発<特許>
遠赤外線放射加熱装置(サウナ)開発<実案>
マルチファイヤーバーナ開発 ハイカロリーラインバーナ HLC 開発

1988年
インデックスリミッティングバルブ開発 スーパーパックバーナ開発<実案>

1989年
EO ガス処理装置イオックス( EOCS )開発<実案> (平成元年)
高速キュアリングシステム開発<特許>

1991年
感染性医療廃棄物滅菌処理装置サイメックス開発 汚泥焼却用ガンバーナ開発

1992年
食器洗浄器用ブースター開発 軽合金溶解可傾ルツボ炉開発

1993年
SAH 型熱風発生機開発 非鉄金属溶解専用バーナ( SMC )開発

1995年
熱処理用バーナEIシリーズ開発

1996年
ブルージェット( BJ )バーナシリーズ開発 直動バルブ CCV を開発

1997年
小型熱処理用パッケージバーナ SBN 開発 メタルニットバーナ生産および用途開発開始
セラマットバーナ開発

1998年
リジェネバーナ装備の可傾式アルミ溶解炉製造

1999年
タイヤリサイクルプラント用加熱システム開発

2000年
高負荷浸漬チューブバーナ開発 排熱回収型とりべバーナ(STB-10、20)の開発

2001年
除害装置用燃焼システム開発( PAT ) 高品質アルミ熱処理システム開発( PAT )
旋回式アルミ溶解システム開発( PAT ) ダクトバーナ DCM 開発

2002年
パックミキサー開発

2003年
長炎型パッケージバーナ(BJの改良)を開発デシカント空調用バーナ開発

2004年
変成炉用レキュペバーナを開発

2005年
レキュペバーナ(STBW-10)開発

2006年
高効率排熱回収バーナを開発新型パックミキサ(PM)を開発、シリーズ化

2007年
レキュペバーナ(STBW-20)開発高効率シングルエンドバーナ開発(日本ガス協会 技術賞受賞)

2008年
外部接続型レキュペバーナ(STBX-10)開発

2009年
大口径シングルエンドバーナ(70kW)開発STBWバーナが日本ガス協会技術賞受賞

2010年
リジェネシングルエンドバーナ開発燃空レスバーナ開発
熱交換器内蔵型高効率レキュペバーナ
・STBW−10,20,30(先端回収型)
・STBXー10,20 (炉外回収型)
のシリーズ完成
STBWバーナが日本機械工業連合会優秀賞エネルギー機器受賞
熱交換器内蔵型ガス焚き高効率浸漬チューブヒータ(STBi-2.5 とSTBiー5.0)を開発

2011年
熱交換器内蔵型ガス焚き高効率浸漬チューブヒータの熱効率向上のため
小型高効率熱交換器(外部追加型)とのセット機種STBZ−2.5と5.0を開発
(日本ガス協会および都市ガス6社との共同)
STBiバーナが平成22年度日本ガス協会技術賞受賞

2012年
低面負荷表面燃焼バーナを開発

2013年
STBZ浸漬チューブヒータが平成25年度日本ガス協会技術賞を受賞
リジェネラジアントチューブバーナを開発
厨房向け小型パッケージミキサを開発
(日本ガス協会および都市ガス7社との共同開発)
高効率で小口径対応可能なガス浸漬チューブヒータ GIH を東邦ガスと共同開発

2014年
セルフレキュペバーナを開発
厨房向け排熱回収システムを開発
(日本ガス協会および都市ガス7社との共同開発)